FF XIV物語 復活のはしびろ 3 白魔道士に学者が追いついてきた件

経験値が一番美味しいのは、メインクエストです。

ちょっと調べればわかりますが、経験値が一番美味しいのは、メインクエストです。
そして、次に美味しいのが多分レベルルーレット、その次が適正IDです。
ここから先は、ボッチなのかそうで無いかで変わりますが、ボッチならギルドリーヴだと思います。

なので、

  • メインの白魔導士はギルドリーブで育てながら適正(よりかなり簡単なほうの)ID周回でレベル上げ。
    途中、メインクエストでIDが出てきたら、白魔導士で攻略。
  • サブの学者(&召喚士)は、ID以外のメインクエストでレベル上げ。

という2段構えで戦闘職のレベル上げをしていこうと思っていました。

が・・・

ギルドリーヴで、経験値が割引かれてた。(当たり前の現象だったようですが)

ギルドリーヴには、レベルがありまして。
5刻みで難しくなるんですね。
で、仕事を受ける場所は各地にあるのですが、そのどれもが全てのレベル帯に対応してるわけじゃないんです。

さらに、受けるにしても、最初から仕事を紹介してくれるわけじゃなくて。
「あなたの力量を見たいので、この仕事をまずやってみてください」
なんて言われてしまうんです。

ギルドリーヴの解放って言うんですが。
この解放って作業が、気分的にだるいんですね。
制限時間がありますし。(まあ、今まで時間が足りなくなった事は無いんですが)
失敗したらどうなるか分かりませんし。(まあ、今までに失敗した事は無いですが)

だから今まで、適正レベルのギルドリーヴを解放したことがなかったんです。
大体プラス5レベル以上上げてから解放してました。
今まではそれで問題なかったんです。

が、レベル36の白魔道士で、(確かレベル30だったかな)ギルドリーヴのクエストをこなしたら、なんか経験値が目減りしてまして。
確かに、クエスト前に「適正レベル範囲外のものは、経験値が減る」と表示された気がするので、多分それのせいでしょう。
しかもこれに気付いたのが、学者(召喚士)でメインクエストを進めて、次のID手前の「ブレイフロクスの野営地」まで行った後。

白魔導士のレベルは一応、「ブレイフロクスの野営地」の適正レベルを超えてはいますが。
「ブレイフロクスの野営地」は、別名”ヒーラー殺し”とのうわさもあり。
果たして私の今のスキル(プレーヤーの)で、パーティーを守り切れるのか、という不安がりありまして。

かといって、学者にスイッチしたところで、不慣れな職ではおそらく力になれないでしょうし。
思い切ってヒーラーでなくDPSの召喚士で、というのは考えられません。
もともと、DPSでIDいったことがないので、全く立ち回りがわかりません。
(初心者の館は行ったことありますけど)

いったんメインクエストはお休みかなぁ。
白魔導士で低レベルのIDを周回してプレーヤー(つまり自分自身)のレベルを上げないと。
しばらくはギャザラーとクラフター中心で遊ぶとしますか。

ということで、ギャザラーの採掘師と園芸師、あとクラフターの調理師をまずレベル50越えまで上げることにします。

一応、この3つを上げることには意味がありまして。

1つ、採掘師と園芸師はグランドカンパニーの納品でかなり簡単にレベルが上がる事。

1つ、採掘師と園芸師はクラフター全般で素材獲得のためにレベルを上げておかなければならない事。

1つ、調理師は製作した料理にいろいろとありがたい効果があって、戦闘・採集・製作どの作業においても有用な事。

1つ、調理師は漁師がとってきた魚を分解していろいろとありがたいものを生み出せるかもしれない事。

以上が理由です。
ちなみに、漁師は「オーシャンフィッシング」を3回ほど楽しんだあとに、ギルドリーブで何度か納品を済ませたら、いつの間にかレベル50を超えていました。
なので、この3つの後にあげる予定なのは、裁縫師です。
白魔導士や学者の戦闘服を作りたいので。

なんか方針を決めたりすることばっかりしていますが、この後はいわゆる日記のようなものになるでしょう。
出来れば、

ぼっちな人

復帰した手で、色々忘れてしまった人

プレイヤースキルが壊滅的な人

のためになるようなネタをお届けしたいと思っています。
(もちろん、そういうのが仕入れられたときにですが)

それではまた、次のゲームでお会いしましょう。

前の記事:FF XIV物語 復活のはしびろ 2 エオルゼアでの生活方針決定!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です