PSvitaの感想(ちょっと厳しめ)

さすらいのおっさんゲーマーのはしびろこうです。
あけましておめでとうございます。
(一応うりぼうと、はしびろこうは別人格にしてるので、改めてのご挨拶です。)
年末に、というか、大晦日に買いましたPSvitaですが、とっても楽しんでいるものの、一つ”これはどうだろう?”ってところがありまして。
というのは、きちんとした説明書がないんですね。ネット上にすら。
私が探せないだけなのかもしれませんが、そもそも探すのにそんなコツがいる時点でどうかと思います。
で、どんなところで困ったかというと、背面タッチパッドという奴です。
付属のチュートリアル的なゲームをしていた時に、背面タッチパッドをタッチせよ、と言われて、一生懸命タッチしていたのに無反応だったわけです。
”えっ、もしかして不良品!?”
と思ったら、なぜか全然無関係な時にひょっこり反応したりして。
(おかしいなと、本体を裏返した拍子なんかにです)
色々試してみたら、初めの頃に私がタッチしていたのは、実はレスト部分と言うのでしょうか、意図しない背面タッチを防ぐための、無反応な部分でした。
そう、ちょっとくぼんていて、色が違うところなんです。
まあ、近くにユーザーがいればそんなものはすぐにわかることなんですがね、
ちょっと不親切かな、と。
さらに、そう言うのを教えてくれるハズのチュートリアルが、説明不足というのでは、意味がないわけでして。
説明書をなくして経費を削減し、その分チュートリアルを充実させると言うのは、時代の流れなんですけど、それがちょっと中途半端。
せめて、ネット上で完全版の説明書をダウンロードできるようにして欲しかったと思います。
とまあ、ちょっと厳しめの感想ですが、太閤立志伝5が面白いので許してしまえます。
おかげで、他の色々(部屋の片付け、編み物など)も精が出ます。
人間、欲しいと思ったものを手に入れるのって大事なんですね。
ということで、これからも宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です