岡山日帰りの旅

5月に行ったばかりだというのに、またまた岡山に行ってきました。
日帰りですけどね。
主な目的は1.前回お店がお休みでとても残念だった福寿司さんに行くこと 2.夏の後楽園を楽しむ の2つ。
1.について
旅の楽しみの大きな部分を占めるのが食事であることは異論のないところでしょう。
最近お気に入りの「じゃらん」のCMでにゃらんの師匠がこういっています。
たびはめし、めしはたび
名言です。(モトネタの動画はYoutubeで見ることが出来ますよ)
ということで、福寿司さん、行ってきました。ぬかりなく事前に予約も取って。
お目当ては刺身定食とままかり寿司。
お刺身はスズキの洗い、紋甲いか、と、後2種類(すみません忘れました)。
十分なボリュームで満足でした。
で、心残りはままかり寿司を食べた直後にやってきました。
”次は晩御飯で、にぎり寿司に日本酒でいきたい!”
岡山県 三度目の訪問が決定です。(私の中で)
2.について
一般的に”夏”といえば”甲子園”ですよね、別の意味で。
では、夏の後楽園といえば何か、というと蓮の花です。(たぶん)
ただし、蓮は花ばかりを楽しむにあらず。
蓮の花つぼみ
奇しくもつぼみと完熟の実が並んで写っています。
この間には
蓮の花ノーマル
きれいに咲いた状態。
蓮の花ちりかけ
散り際。
蓮の花散った直後
散った直後。
蓮の実
熟しつつある実。
という段階があるわけですね。
みなそれぞれに面白みがあります。
さらに、雨上がりだったので、こんな風景も。
蓮の葉に水たまる
蓮の花に水がたまっています。絵になりますねぇ。
で、この後には隠された第3の目的が。
それがこちら。
イブリク-チーズケーキセット
カフェ イブリクです。
場所は岡山オリエント美術館の中なのですが、喫茶だけでもOKです。
中央の取っ手が見切れている道具が”イブリク”という道具。
イブリクという道具
これでコーヒー豆と砂糖、各種スパイスを煮出すわけです。
(店主の方、快く撮影に応じていただきありがとうございました。)
前回のページでも書きましたが、珈琲とは別のスパイシーな飲み物として飲んでください。
珈琲という先入観を持って飲むと、そのギャップについてこれないかもしれませんので。
これがまた、癖になる味でしてね。
後楽園 ⇔ イブリク のコースは私の中では鉄板になっています。
次はまた、秋に訪れたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

盟主の防衛は大事だね

次の記事

ガス欠!?