断捨離 

最近始めた ビデオテープ → DVDのダビング&ビデオテープの廃棄ですが、その目的は断捨離だという事は以前の記事で書きました。
この断捨離、結構前から密かなブームの様で、いろいろな本が出ています。
私が実際に読んだ本がこれです。

実際には断捨離が出来るようになってから読んだんですけどね。
最初、妻が読んで勧めてくれたときは”それが出来たら苦労しないんだよ!”というような反応をしていたそうです。
(妻いわく)
ただ、その後いろいろと心境の変化があって、楽しんで断捨離が出来るようになった後に呼んで、”なるほど、そういう事だったのか”と思う事しきりでした。
断捨離の詳しい意味は本を読んでいただくとして、簡単にいうと”必要のない物は持たない”ということです。
こうする事で、気分よく毎日をおくる事ができて、運も上向くとのことです。
さらに断捨離を行う上での、テクニック・心がけといった物も書いてあります。
人生それぞれです。
時には断捨離を、やむを得ず決行しなければならない事もあります。
そんな時に、この本がとてもよいアドバイスをくれるでしょう。
ちなみに私が断捨離が出来るようになったきっかけはこの本ではなく、ある悲しい出来事でした。
ブログでも書きましたが、思い出のいっぱい詰まった愛車との別れです。
つまり、最も思い出の詰まったものと決別する事で、それ以外の物とのお別れがほとんど苦しくなくなったのです。
かなり荒療治ですし、お勧めできる方法ではないのですが、効果はとても強力ですよ、たぶん。
断捨離の効果としては、心身がすっきりして気持ちよく毎日を過ごすというのは実感しました。
ただし、運がよくなったかどうかは、まだはっきりとは解りませんが。(よくなるといいですねぇ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です