REGZA RD-Z300の使い方 ー 応用編

東芝REGZA RD-Z300を使うようになってしばらくたちます。
すでにかなり使いこなせるようになっています。
さて、今回はRD-Z300の使い方で、ちょっと便利な方法を紹介します。
といっても、おそらく購入した人のほとんどはその機能は知っているはず。
RD-Z300はUSBのキーボードが使えるんです。
そう、パソコンにつなぐやつですね。
チャプター、タイトルの名前やDVDの名前なんかを編集するのは、リモコンでも出来ますが、キーボードを使うと劇的に便利になります。
そこまではいいとして、画面の切り替えなんかもキーボードで出来る訳で、これをすることでリモコンとキーボードを持ちかえる手間をかなり省けます。
キーボードのどのキーがどの機能を持っているかは東芝のホームページ(マニュアルにURLがあります。)からPDFをダウンロードして調べてください。
ただ、ここではよく使うキーを紹介しておきます。
E・・・編集ナビ (Editでしょうか)
F・・・スタートメニュー
Q・・・クイックメニュー (Quickでしょうか)
Enter・・・決定
Z・・・終了 (アルファベットの最後=終わり=終了、という所でしょうね)
A・・・モード
B・・・戻る (Backでしょうか)
これだけ覚えると、チャプターやプレイリストを編集しながら名前を付けたり、いろいろと便利だと思います。
ただし、頭出しはリモコンでやった方がいいでしょう。
特にコマ送りはリモコンではキーリピート(押しっぱなしにすることで連続して押したのと同じ動作をすること)がききますが、キーボードでは聞きません。
よってキーボードで頭出しするときは、コマ送りのボタンを連打しなければならず、ちょっと不便ですね。
まあ、キーボードで制御することを覚えると、グンと編集のスピードがアップします。
ぜひご活用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

断捨離