FF XIV物語 復活のはしびろ 11 「疾風の空力団」の皆さんと、親友になりました。

下手の横好き、おっさんゲーマーのもーくんです。

今日も先週の半ばくらいのネタです。

それでは早速。

前の日記でも書きましたが、「疾風の空力団」がとっても好きになりました。

早い話が、そういう1連のクエストがあるんですね。
蛮族クエストというものの一つで、イクサル族という方たちとの心が熱くなるやり取りになります。
2つほど前の日記でも書いたように、このクエストがまた私の心をわしづかみしてくれましてね。

ツンデレといいますか、気風がいいといいますか、非常に気持ちの良い奴らなんですよ。
さらに、生きる姿勢といいますか、上昇志向といいますか、そういうものにとても共感できたんです。
彼らとハイタッチしたいと思って、エモートを探したりしました。
(結果、結構先に入手可能という事と、マーケットで結構なお値段で売っているという事を確認しました。)

それからというもの、彼らのお手伝いをせっせとしましてね。

蛮族クエストでは、彼らのお手伝いをすることで経験値やらなんやらもらえるんですが。
その一つに友好度というものがありまして。
これが最高になると、ご褒美に色々と「購入できる権利」がもらえるんです。
(「購入できる権利」がもらえるわけで、ギルは必要になります)

まあ、そんなことより、友好度の上昇でクエストが進み、ストーリーが展開するって言うのが私にとってお手伝いをする一番大きな理由でした。
このストーリーと言うのが、多分人によって評価が分かれるとは思うのですが。

イクサル族の蛮族クエストのストーリーは、はっきり言って「とってもベタ」です。が、そこがまたイイ!

何というのでしょうか。
ベタな展開なので、先が読めるストーリです。
なので、人によっては退屈でつまらないと感じるかもしれません。

でも、世の中「予定調和」というものがありましてね。
関東で言うと、松竹新喜劇、関西で言うと吉本新喜劇などです。
昔の時代劇で水戸黄門なんかもそういったものの一種だったと思います。
これらに共通するのは、「わかりやすい展開」とか「いつものアレ」というものですね。

ベタでわかりやすいからこそ、安心してみていられる。
だからこそ、何の不安もなくストーリーに乗っかれる。
そんな感じです。

どんでん返しとか、複雑な伏線とかがあると、確かに面白いかもしれませんが。
その分、心に負担がかかるような気がします。
おそらく、心にかかる負荷が楽しいという方も多いのでしょうけどね。
(ちょうど、辛いものが好きな方が多いのと一緒かもしれません)

とにかく終始わかりやすい展開で、最後はベタな展開で盛り上げてくれました。おまけに、クラフター技能が全部Lv50を越えました。

最初のほうで「ああ、この人がこうなって、こんな展開になるんだろうな」って思ったら、その通りになって。
真ん中のあたりで「そうそう、この人がきっとこんな感じで絡んでくるんだよね」と考えたら、本当にそうなって。
最後の方など、「絶対こうなる!」ってわかっていながら、その通りになった瞬間に、小さくガッツポーズ取りましたからね。
私の様な、ちょっと心が疲れたおじさんには、とっても心地よいストーリーでした。

おまけでクラフター技能がすべてLv50を越えました。
もともと最初のころから調理師あたりがLv50超えていたので、クエストの進行がとってもスムーズだったんですけど。
このクエストは、クラフト、つまり物を作って納品することでクエストクリアになります。
物を作るときに、クラフター技能が高いと楽なんですが、この要求されるものはどのクラフターでも作れるんですね。
だから、「〇〇部材」なんてメカチックなものを、調理師が作れるんです。
で、そうやって作ったものを、別のクラフター(レベルを上げたいクラフター)の状態で納品すれば、そのクラフターに経験値が入るんですね。

だから、お手伝いすればするほど、クラフターの技能が上がっていくんです。
確かLv50を超えるともらえる経験値が激減するんですけどね。
そんなおまけももらいつつ、イクサル族のクエストを完了しました。

イクサル族の「疾風の空力団」と親友になった証に、マウントを買いました。おかげで、ハイタッチがお預けになりました。

最初の方で書いていましたが、ハイタッチというエモートは
・ストーリーをどんどん進める
・マーケットで購入する
のどちらかで入手可能です。
で、マーケットでのお値段は、軽く10万ギルを越えています。

イクサル族「疾風の空力団」と親友になったことで買えるマウントも、確か10万ギル程度だったと思います。
悩んだんですよ。どっちを買うか。
悩んだんですけど、やっぱり、親友になった記念としてはマウントを取りました。

おかげで一時的に財布の中身が空っけつになりましてね。
(一応、換金アイテムがあったのでそれを売ってしのぎましたが)
ハイタッチエモートの購入はお預けになりました。

今、お金をためてはいるのですが、それと同時にメインクエストを進めるスピードがアップしましてね。
理由は、FCに入ったから。
VCの方1~3人についてきてもらうだけで、IDとか討滅戦とかに挑むときの心理的障壁がかなり低くなるんですね。
なので、最近はどんどんストーリーが進んでいます。
もしかしたら、普通にハイタッチエモートを取った方がいいのかな?

ということで、今日はこの辺で。

それではお互いに、良いエオルゼアライフを楽しみましょう。

前の記事:FF XIV物語 復活のはしびろ 10 新生編の前半が完了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です