ノーベル物理学賞 2020年 ブラックホール研究者3名が取りましたね。

不思議大好きの、まんぼうです。

2020年のノーベル物理学賞は、ブラックホール研究の方3名が取りましたね。
アンドレア・ゲズさん、ラインハルト・ゲンツェルさん、そしてロジャー・ペンローズさん。
中でも、ロジャー・ペンローズさんは、大昔にNHKスペシャルでやっていた「アインシュタイン・ロマン」に出演されていたので、なんとなく身近に感じていました。
そういえば、この間お亡くなりになった、スティーブン・ホーキングさんも、書の著書を浪人時代に買ってよく読んでいましたので、身近に感じていました。
この方も、ブラックホール研究で有名な方だったんですよね。
ちょっと前にブラックホールを”観測した”という話もありましたし。
そのちょっと前には、ブラックホールの衝突だったかで発生した重力波を観測したというのもありましたし。
今、ブラックホールが来ているのかもしれません。

ということで、ちょっとブラックホールのことをネタにしてみようと考えました。
次回から何回かに分けてブラックホールについてご紹介していきます。
といってもそこまで深堀りはできませんけどね。
素人が楽しく考える程度のことです。

それではまた、次の面白不思議でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です