岐阜城に行ってきました。(人文科学系初投稿)

不思議大好きの、まんぼうです。
人文科学系の初投稿となります。うれしい限りです。

さて、ネタはといいますと、岐阜城です。
そう、あの織田信長が天下布武を宣言した、あの岐阜城です。
もとは稲葉山城といって、とにかく難攻不落を誇った城ですね。

さて、とある事情で岐阜に行っていた私ですが、その事情以外にあと2つミッションを作っていたんです。
その一つがこの岐阜城。
出身が東海地方なもんで、
”リスとあそぼう!金華山ロープウェイ!”というCMは覚えているんですが、その金華山というのが岐阜城であるのを知るのはかなり後のことですし、ましてや行ったことはなかったんですよ。
自由に出歩けるだけの状態(つまり一人暮らしとか、ですけど)になった時には、すでに東海地方を離れていましたし。
で、とある事情のついでに岐阜城に行ってみようと思ったわけです。

ちなみに、JR岐阜駅前にはこんな像があります。

黄金の信長像です。(頭の上にいるのは、目立ちたがりのカラスです)
そこからバスに乗って(確か、12か13番乗り場だったと思いますが)15分くらいでしょうか。
歴史博物館前でおりました。
T字路のほうに行って、道を渡ってしまうのが近道ですが、あえて渡らず左に曲がってコンビニによっておくことを強くお勧めします。
そう、飲料水と軽い食べ物を買うために。(後でかなり役に立ちました)
飲料水はあまり買うと重いので疲れてしまいますが、500ml+350mlくらいはあったほうがいいのかなと思います。
あと、帽子は必ず用意しましょう。
コンビニに行く途中で、岐阜城をきれいに撮れる場所があります。

・・・難攻不落だということがお分かりいただければ幸いです。
でもね、途中までロープウェイがありますから、楽勝です(とこの時は思ってました)。
で、道を渡って、岐阜公園の中を通り抜けて、ロープウェイ乗り場を目指します。
(追記:私の場合は、この途中で岐阜市歴史博物館によりまして、そこで素晴らしい絵との出会いがありました。)
私は行きも帰りもロープウェイを使うつもりだったので往復で買いましたけど、足にかなり自信があるなら行きの分だけを買ってもいいでしょうね。

昔は高所恐怖症だったんですが、今ではすっかりそういうものもなくなって(はいないことが後でわかりましたが)、ロープウェイの旅を楽しみました。

上る途中、かなり最初のほうで進行方向左手にこんな塔が見えます。
岐阜公園三重塔というそうなんですが、大正天皇の即位を祝って作られたそうです。
場所の選定には、私の大好きな画家のひとり、川合玉堂さんが行ったとのことです。

そんな楽しい空の旅はあっという間に過ぎ去って、そこからは、
死のロード
というにふさわしい、登山が待っていました。
私、はっきり言って、なめてましたよ。
もっとライトな感じでたどり着けると思ってました。
でも、その途中にはこんなご褒美もありましたよ。

もうすぐ到着というところで、ちょっと視界が開けるところ(進行方向左手)の景色がこちら。
ほっと一息でした。

で、たどり着いた岐阜城。
なんですが、疲れすぎて近くで撮ったお城の写真がありません・・・
まあ、天守閣からの絶景は取りましたけど。

お城の中は資料館になってまして、いろいろと面白い展示がありました。
あと、帰る道すがらに資料館もありまして、そこにも展示はあるんです。
小さめですけどね。


その資料館にあった鎧です。
そして、そのあとも、死のロード、でロープウェイ乗り場に帰りました。
途中、展望台があって、きれいな眺めでした。

多分こっちの方向に次のミッションの場所があるだろうと思って取っては見たものの、見えるわけもなくという感じです。

で、楽しかったのですが、精も根も尽き果ててホテルに帰って泥のように眠った、わけではなく。
妙に興奮して目がさえたもので、昨日ホテルで2本ブログ書いたわけです。
(体力的に精根尽き果てていたのは本当ですが)

本日はここまで。
2つ目のミッションについてはまた次回に報告します。
それではまた、次のおもしろ不思議でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です