いきもにあ 2017 in みやこめっせ(京都)に行ってきました

趣味を作ることが趣味の、はしびろこうです。
今回のネタは、”科学の心”にするか、日記にするか、迷った末に”科学の心”にしました。
まあ、気持ちの問題ですよね、こういうのって。

まあそれはさておき、京都のみやこめっせで今日・明日と開催中の「いきもにあ 2017」に行ってきました。
それはもう、すごい熱気でしたよ。
開場1時間ほどで、おそらく1000人くらいはいたのではないでしょうか
(出入り口の掲示では、900人を超えていました)
しかも、どこを見ても、いきもの関係の力作ぞろいでしたし。
自然に顔が笑ってる。(こうなっていたのは、けっして私だけではないはずです)

そんな中で、一番のお目当てだったのはこちら。

ちょっと暗くて申し訳ないですが、きのこ柄の移動用がま口です。
がまぐち屋 La Mahinaさんで購入しました。
夏に阪急百貨店であったイベントの時から、このイベントで買うと心に誓っていたもの。
色合いも、柄も、とっても気に入っています。
以前のイベントで購入した緑色の小型がま口とともに、お気に入りアイテムの仲間入りをしました。

そのほかにも、そのとなりのデイバーシティーさんでは、紋章の入った缶バッジを。
Wolves&Meさんでは、かっこいいオオカミの卓上カレンダーと、クリアケースを。
マンボウなんでも博物館さんでは、マンボウ柄のハンドタオルを。
あと場所を忘れましたが、とってもリアルに描かれたハシビロコウのポストカードを。
さらに、今回の公演「妖怪古生物学への誘い」に絡んで、妖怪古生物の部屋で「荒俣妖怪探偵団 ニッポン見聞録を。
・・・
あっという間に財布はすっからかんですよ。
でも、近年まれにみるほどの満足感を得られました。
やっぱり、私は自然科学の中でも、生物が好きなんですかねぇ。
ということで、大興奮のうちに、私の中の”いきもには”は終了いたしました。

それでは次回予告。
大阪市立自然史博物館 大阪自然誌フェスティバル 2017
で、またお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です