第4回歴史の会 by チャリンコ

一昨日は第4回歴史の会byチャリンコを決行しました。
小雨降る中、目指すは”天下分け目の天王山”です。
”チャリンコ”といっても、”ロードバイク”というやつなので、ママチャリとはわけが違うわけです。
しかも、私は友人のものを借りての参加。
つまりは、私はロードバイク初体験!!というわけで。
ある意味、無謀とさえ言える無計画さですが、
”情熱さえあれば、きっとたどり着けるはず!”
という、わけのわからない信念のもと、行ってきました。
天王山といえば、明智光秀謀反の時に、羽柴秀吉と一大決戦(山崎の合戦)をした所です。
その時に秀吉が備中高松城から、姫路を経て、当時としては考えられないような速さで転身した、
”中国大返し”
が有名ですね。
そして、ご存じの通り、光秀はこの決戦に敗れ、小栗栖村で農民の竹やりにかかって亡くなった、
というのが通説です。
我々は、淀川の下流から出発して、一路天王山を目指しました。
そう、まるで中国大返しの時の秀吉のごとく!
この、淀川の河川敷にある道が、とっても走りやすい。
もちろん、バイク止めがあるので、定期的に止まらないといけないのですが、
とにかく自動車が来ない。
初心者(というより、初体験)の私にはとっておきのコースでした。
で、走ること2時間半で天王山に到着。
天王山、なめてはいけません。頂上まで45分かかります。(私の場合は1時間でしたが)
でも、眺めもいいし、がんばって登った甲斐はありました。
ここで、昼休み。天下一品のラーメンで腹ごしらえ。
(普通、ロードバイクで走るときは、あまり食べないそうなんですが、私は、ほら、初心者ですから)
で、次なる目的地の勝竜寺城。山崎の合戦後、光秀がいったん落ち延びた城ですね。
まあ、頑張って復元していたようですが。すんません、いまいちでした。
資料室もあまり充実してませんでしたし。
今後に期待ですね。
その次は淀城址(ただし、新しい方)。
取り立てて何があるというわけではありませんが、それが歴史ファンにはうれしいですね。
何かのついでに行ってみられるのもよいと思います。
単に休憩場所としてもいいかもしれません。
で、帰路についたわけですが、やっぱり最後の方はきつかった!!
息の平均速度が25 km/時くらいだとしたら(それでも遅いんですけど)、
帰りは20 km/時くらいでしたね。
最後のほうはヘロヘロでしたし。
でも、心地よい疲労感で翌日の日曜日はそれはもう、ぐっすりと眠ってましたよ。
昼過ぎまで。
ああ、ロードバイク、ほしくなりましたね。
頑張って、お金貯めますか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です