もう一度、ピアノ No.7 「木ぼりの小さい兵隊さん」メトードローズより

小学生のころに1年ほどかじっただけのピアノを、大人(初老?)になった今、独学でもう一度始めてみようということで、電子キーボード(CT-S200BK)を買いまして。
どうせなら成長の記録(ログ)を残そうということで始めたこのコーナー。
今回で7曲目です。

実は録音日とアップ日にブランクがあるので、昔録音した(今より下手な)自分の演奏を聴きながら動画編集するのですが。
結構これ、つらいです。
だって、まざまざと自分の下手さ加減を見せつけられますからね。

おまけに、今の自分があのころよりうまくなっているか?なんて考えるとちょっといたたまれなくなったりもします。
でもね、毎日の練習、それ自体は楽しいので、やっぱり動画(というか録音)はアップし続けていこうと思っています。

それはさておき。
早速、今回の曲について説明していきましょう

No.7 「les petits soldats de bois」 (和訳:「木ぼりの小さい兵隊さん」)

録音日は2021年1月28日です。
今からほぼ1か月前ですが、それよりもピアノの練習を始めてから3か月たったころの録音というほうが大事ですね。

テーマは「シャープの練習」です。
今となっては(現在、メトードローズ51ページ目を練習しています)、シャープなんて普通に出てくるんですけどね。
このころはやっぱり大変だったんでしょうね。
というのも、
・左右の音がバラバラ
ですから。

まあ、現状でも左右の音をそろえにくいんですから、当時はなおのことだったと思います。
(自分のことなのに、すでにぼんやりとした記憶になっていますが)

弾いてみた感想

・・・苦手なんですよね、同じ音の連打は。
これ、今でも苦手ですし。
この曲は、同じ音の3連打が繰り返し出てきますので、苦手感はあります。

ただ、左右の音がきれいにそろえば、とても楽しい曲になりそうな気はします。
今日あたり、もう一度引き直してみようかな、なんて思います。(録音はしませんが)

先生=妻の判定とアドバイス。

判定はあえてい言わなかったのですが。
相変わらず、
・左右の音をそろえるように
というアドバイスでした。

あと、これも今までに何度かあったのですが、
・歌うように弾くといいよ
とのことでした。

録音したころには、そんな余裕はありませんでしたが。
今なら、歌うように弾くだけの余裕があるのかな?

ということで、今日はこれまで。
練習自体は楽しいのですが、1か月前の自分の下手な録音を聞くのはちょっと厳しい。
でも、それをしてこそ、成長の記録になるんだと、自分を励ましつつ。
今日も最後に「春よ、来い」をたどたどしく弾いてみようかなと思っています。

それではまた、次のネタでお会いしましょう。

今回の曲を録音したもの(youtube)
「木ぼりの小さな兵隊さん」

前の記事:ぷりんと楽譜で「春よ、来い」(中級ソロ)を買いました。

次の記事:CT-S200BKで4か月ピアノの練習をして感じた、5つのメリットとたった一つのデメリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です