もう一度、ピアノ No.6 「お父さま!」メトードローズより

趣味を作ることが趣味の、はしびろこうです。

小学生のころに1年ほどかじっただけのピアノを。
大人(初老?)になった今、独学でもう一度始めてみようということで、電子キーボード(CT-S200BK)を買いまして。
どうせなら成長の記録(ログ)を残そうということで始めたこのコーナー。
すでに3か月が経ちました。

今はまだ、ただ楽しいだけの練習をしながら毎日を過ごしています。
ただ、何事も壁が来るもので。
その時に、それを乗り越えられるかどうか?

ちなみに、今メトードローズの47ページまで進みましたが、進む速度がガクんと落ちました。
今まで1週間に1ページだったのが、2週間で1ページになっています。
でも、まだ楽しいという気持ちの方が強いのですけどね。
前置きはこのくらいにして。

No.6 「petit papa」 (和訳:「お父さま!」)

録音日は2011年1月17日。
テーマは「付点音符の練習」です。
私にとっては、それよりも「同音の連打をうまく弾く」ということの方が重要なようで。
このあたりはあとで詳しく説明しますが。
以前よりも左右の音は合ってはいます。
合ってはいますが、やっぱり不安定ですよね、改めて聞いてみると。
もっと、”バシっ”と左右の音を合わせたいところです。
とはいえいまだに、まだまだ気持ちよく合わせられる段階ではないんですけどね。

弾いてみた感想

録音したころにはある程度満足していたんですよ。
でも、今改めて聞くと、”まだまだ、練習不足だなぁ~”って思います。
音楽としては、何となくかわいらしい雰囲気がしますね。
ほのぼのとした感じがとても心地よい曲です。

先生=妻の判定とアドバイス。

とにかく

・同音の連打をはねないように

ということでした。
最初の”ターン、タンタン”というところなどですが、私は”ターン、タン、タン”と後ろの4分音符連打ではねてしまっています。
これによって、曲の持つほのぼの感がちょっとなくなってしまっている気がします。
でもね、はねたほうが引きやすいんですよ、同音の連打は。
つまりこれは、楽なほうに逃げてしまった結果なんです。
まあ、ピアノの練習を始めてまだまだ2か月ちょっとのころですからね。
今弾けば、もう少しほのぼの感を出せるでしょうか?
今日、ちょっと試してみましょうかね。

ということで、今日はこれまで。
そろそろ、次のテキストの購入も検討しないと。
それに、DTMがほったらかしですから、そっちも手を付けたいですね。
と言いつつ、まだほったらかしが続くかも・・・

それではまた、次のネタでお会いしましょう。

今回の曲を録音したもの(Youtube)
「お父さま!」

前の記事:もう一度、ピアノ No.5 「シュゾン」

次の記事:(ほぼ)毎週出しているピアノの録音について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です