靭公園のバラと、そこで見つけたおいしいお店

趣味を作ることが趣味の、はしびろこうです。
なんと1年以上ぶりの”街歩き”カテです。
まあ、例の新型ウィルスの影響で、街歩きどころではなかったのは事実ですし。
それでも、気を付けて、活動をしていかなければと、しばらく前から思ってはいたんですけどね。
(それにしても、一番無駄なうえに感染経路になりそうな、定時出勤は全くなくならないですね。
なぜなんでしょう?)
それはさておき、今日は大阪のオフィス街で見つけた素敵なスポットの紹介です。
とはいえ、見つけたのは妻で、私ではないのですが。
それでは早速。

靭公園

靭公園は、大阪メトロ四つ橋線の肥後橋(西梅田から1つ目)下車で南下したところにあります。
公園の入り口付近にコンビニもあるので、そこで飲み物とかちょっとしたドリンクを買うとよいでしょう。
それでですね、靭公園は大阪でも有数のバラ園で有名な場所なんだそうで。
(私がよく行く長居の植物園も有名なんですけどね)
で、バラといえば春と秋なんですよ。
今はすでに秋のバラが終了に向かっているところ。
とはいえ、まだそれなりに賑わいを残しているということでした(まあ、妻から聞いたわけですが)
まず、びっくりしたのが、公園の至る所にあるアート(立体的な芸術作品)ですね。
もしかすると、期間限定のものもあるのかもしれませんが。
私はそこまで現代アートが好きなほうではないのですが、ここにあるものは楽し気な雰囲気のものが多かったと感じました。
そして、しばらく歩いて目的のバラ園に到着。

バラ園@靭公園

とりあえず、きれいな花を見ると写真を撮ってしまうというのが、私も含め多くの人の行動だと思います。
ということで、ここは何枚かご紹介します。
先にお断りしておきますが、
・映える写真を撮る技量はありません。
・バラの名前を書いたプレートを取り忘れたので、品種はわかりません。

20201007靭公園バラ園1

ちょうど靭公園の東から入って、バラ園に入ったあたりです。
東の丘のほうを向いた状態だったと思います。

20201107靭公園バラ1

20201107靭公園バラ2

もちろん、花が終わってしまったところもありますが、まだ見ごろな品種もありましたね。
上二つは色合いが私好みのバラ2種でした。

お昼にピッタリ。家庭料理ひまわり

一通り公演を散策して、狙ったようにお昼時になりましたので、あらかじめ情報を仕入れていたお店に向かいました。
家庭料理ひまわり
こちらでは、おにぎり定食が有名だそうですので、それを注文。
具はいろいろあって、そこから2種選べるんですよ。
私は鮭とチャーシューをチョイスしました。
おにぎりの大きさも選べるのですが、今回は並の大きさにしました。
成人男性(太り気味)の私でも、満足のボリュームでしたよ。
写真右上の塩麴付け鶏むね肉の竜田揚げも、ふっくらしていておいしかったです。
このメニューのチャームポイントは、”お海苔の風味とふんわり握られたおにぎりのハーモニー”と思っています。
次はもっとたくさん歩いて、おにぎり大を食べるともっと幸せになるのかな、なんて思ってたりして。
家庭料理 ひまわり

この公園から東の一帯は、今後探検したいところが結構あって魅力的なスポットです。

この辺りは、昔から大阪の中心地だったので、レトロ建築とかもあるようですし。
そういうところは、結構雰囲気のいい喫茶店とかケーキ屋さんとかあったりしそうなので。
ちょっと気を付けて散策してみようかな、と思ってます。

ということで、本日はここまで。
本当は、DTMで大きな動きもありましたし、そろそろブラックホールについてまとめたいし、お気に入りとネタとか私の好きな○○とか、ネタはいっぱいあるんですが。
なかなか追いつきません。
それは、ピアノの練習が楽しいから・・・
それではまた、次のネタでお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です