ミッション ”レスキュー旧PC” その4 linuxを入れるぞ!

趣味を作ることが趣味の、はしびろこうです。
実はブログを書くほうが全然ついていけてなくて。
実際はすでに、旧PCもバリバリに活躍しています。
とはいえ、ここで突然やめてしまうのもさみしいので、あと2回ドキュメンタリー形式でお届けします。
それではさっそく行ってみましょう。

一体、このPCを何に使うのか?の前に、どうやって使うのか?

新PCが来た時の記事で書いていたように、私が持っているWindows10は1本です。
なので、この復活した旧PC用のWindowsはありません。
では新しくWindowsを買うのか?
いえいえ、ここはもっと面白くするために、無料のOS、Linuxを入れてみます。
(OSというのがわからない方は、少しググって見てください。きっと丁寧に教えてくれていますから)
※このあたりから、少しマニア向けになるかもしれません。

Linuxという選択。の後の、Linuxの中の選択。

私は昔研究者だったこともあって、Linuxをよく使ってました。
でもね、昔ほどいろいろ時間かけてやれるわけではないのはわかっています。
何より、体力と視力が・・・(老眼って、イヤですよねぇ)
なので、Linuxを使いながらも、できるだけGUI操作で行こうと思ってます。
となると、やっぱりメジャーどころにするのがいいでしょうね。
一応、今メジャーと思われるディストリビューション(かんたんに言うと、Linuxの中の種類ですね)はUbuntu, MINT, Debian, Fedora, CentOSあたりですかね。
で、この中で一番メジャーで日本語の解説も充溢していると思われるのがUbuntuですが、少し重い。
(つまり、旧PCのような、一昔前のスペックだと動きがもっさりしそう。)
なので、このUbuntuから派生した、若干軽めのMINTを選ぶことにします。

改めて、このPCをどう使うのか?というかLinuxで何ができるか?の考察。

ネットを探してみますとね、結構Linuxに対してポジティブな事が書いてあったりします。
”Windowsなんかなくても、Linuxで十分!”
”Linuxがあればなんでもできる!”
”むしろWindowsイラネ!”
って感じでね。
確かに、Windowsで出来てLinuxにできないことは、非常に少ないんですね。
ただし、それは
「Linuxに関する知識が豊富であり、英語が堪能で、ネット上の情報を取捨選択する能力が抜群で、不屈の闘志とスペシャルポジティブシンキングのスキルを持っている人にとっては」
という前提だと私は理解しています。
昔ならいざ知らず、今の私はPC以外のことにも時間を使いたいところなので、なんでもかんでもLinuxでやることはしません。
それに、私はそんな究極パーフェクト超人じゃありませんのでね。
Windowsで出来ること、Windows(というよりメインPC)のほうがよく出来ることは、そちらに任せます。
例えば、steamのゲームとか、3D CADとか、ですね。
あと、Huluをみるのも、Windowsしか無理っぽいです。(試すだけ試しますが)

では、Linuxでやるべきは何か?

そうなると、Linux、というより一昔前のスペックの旧PCでやることといえば、
1.メインPCでやっている事と並行して行う、軽めの作業。
2. Linuxでしかできない事。
の2つになります。
1つ目は、文書作成(ブログの下書きとか)、ブログ投稿、音楽鑑賞、youtube鑑賞、ネットサーフィンあたりでしょうか。
2つ目は、古い機械を使うことと、Linuxでしか味わえない懐かしのゲームを楽しむことですね。
古い機械の代表は、iPodです。
うちにはiPod nanoとiPod shuffle(新しい方)がありましてね。
すでにWindows用のiTunesにはサポートしていないといわれてしまってます。
でも、Linuxの特徴として、古い機械や技術を見捨てないというのがあるので、きっと使えるでしょう。
Linuxでしか遊べない面白いゲームは、色々ありますが、OpenTTDとかFreeCivとかですかね。
おいおい紹介してきたいと思います。
(もしかすると、”ゲームが好き!”の方でかもしれませんが。
ということで、めでたく方針も決まったところで、続きは次回ということにします。

それではまた、次のネタでお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です