油断大敵(油断してなくてもだめだったかも・・・)

2連続連合受けの後の連合攻め。
私としても攻める気満々です。
ただ、今回は細切れの時間での参戦なので、同盟の皆さんとはタイミングを合わせられなさそうなのが残念。
まあ、戦力的にも整ったので、とりあえず一人で攻めて見ますよ。
と、陣張りを始めたのですが、私が陣張りし始めたときには既にめぼしい城・村・砦には先客の方々が・・・
そう、”方々”なのですよ。つまり複数の方がへばりついとるわけで。
私の出る幕などなさそう、ってんで、どんどんマップの端のほうに(東南に出城を出したので、南下しました)。
あ、ここも満員・・・おうっここも満員・・・と、どんどん南下します。
そしてたどり着いた安住の地。
そこにはライバルは一人もいませんでした。が、獲物一人もいませんでした・・・って、だめですやん。
今までに出した出城から東西をチェックして少しでも空きのありそうなところを探します。
何とか見つけてそここまで陣を張ったところで
めいせいが・・・尽きた・・・
前回同様、名声がなくなりました。
仕方ないので、それぞれの先端と、出城にフルに兵をセットした舞台を1つずつおいて翌日まで放置です。
そして、翌朝、さーて攻めるぞぅっとインしてみたら・・・
出城・・・もえてました・・・
うーん、一応最強部隊を置いていたんですがねぇ。
やはり、長時間放置の時には全部体を出城にセットすべきなようです。
陣の1つや2つや3つや4つ落とされたところで、出城が残っていれば何とかなります。
今回の攻撃も、始めにノックが来てましたから、そこでフル防御体制とわかれば、それ以上の手出しはなかったはず。
では、出城を復活すれば、とも思いましたが、所詮、名声は4程度しかなく、復活したところで満足に動けないでしょう。
名声の回復地を上げることが優先と考えて、今回はここでリタイア。
なかなか思うように活躍できんですねぇ。
同盟員の方はトップ20に何人か入ってますし、ほぼ半数くらいはトップ100に入ってます。
私はまだ170位くらい。
生産力アップするですよ!!
ということで、終戦を迎えたのですが、そのときに同盟員の方から新たな情報が。
なんと、次回は”東西戦”だそうで。
東西戦、なんか、ややこし、そう。
ちょっとググって見たのですが、
砦や大殿城への単独突撃はハイエナと同様の非難されるべき行為とか(最もな理由があるのですがね)、味方の拠点への加勢は、部隊数に上限があるので足軽鉄砲で行うべきとか(いやまだ鉄砲持ってないんですが・・・)、とにかく連係プレーが必須とか(私の精鋭部隊といっても皆さんのに比べるとおそらくヒヨヒヨですが・・・)。
うーん、仕事から帰って15分くらいで参戦となると、砦や大殿城のほうではなく、その前の露払い(周囲の陣を攻め落とすことを言ってます)くらいしか出来ないかも。
攻めて加勢を出すのを考えて鉄砲作ってみようかな・・・って足軽鉄砲、高!!
普通の中級兵の3倍くらいの資源がいるようです。
おいおい、今からじゃ2000も貯まらないかもしれんのう。
普通の防御用に槍や弓も訓練せねばならんしなぁ。
ということで、いきなり憂鬱モードの東西戦。
はてさて、どうなりますことやら。
それは次回の講釈で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

三宮 茜屋珈琲店