はしびろの冒険(in Archeage)11 そうだ!遠征隊に入ろう!

下手の横好きおっさんゲーマーの、もーくんです。
今回は私のアーキエイジライフを一変させたイベントについてですよ。
それではさっそく。

Lvも50を超えてくると、短期目標を見つけにくくなるんですね。

すでにこのころには、Lv50を超えていました。
そうなると、実はレベルも上がりにくくなるし、何をやるにも時間がかかってしまうんですよ。
そうなると、短期目標が立てにくくなるんですね。
ならばいっそ、長期目標を立ててしまえ!ということになってくるんですが、そうなるとどうしても気分がたるんでしまうんですね。

とりあえず、一番遠い目標を立ててしまおう!

こういう時は、目標をいくつか立ててそれらをローテーションしていくのが効果的と考えています。
そして、その時に大切なのは、「一番遠い目標を立ててしまう」ことでしょう。
この時点で一番遠い目標(マイルストーンって言いますかね)は、レベルカンスト=Lv55になります。
まあ、そのあとも継承者レベルってのを上げられるんですけどね。
それでも一つの目標になります。
でも、ただ単にレベル55を目標にするってだけですと、ちょっと弱い。
というのも、達成したところでそれほど劇的な変化はないので。
(それは今までのレベルアップで大体わかってました)
ならば、そのレベル55になったら○○しよう、という何かを作ればいいわけですね。
ということで、

Lv55になったら、遠征隊に入ろう!

そうなんです、私は今まで完全にソロで活動していました。
いうまでもなく、MMOというものは、ネットでみんなとつながっているというのが特徴です。
その状態でだれともコミュニケーションをとらずにやっているというのは、ちょっと損してる気もしていました。
もちろん、ソロでコツコツ生産活動するのもやりがいはありましたけどね。
元々もーくんとしては、それほど他者とのコミュケーションを不得意としているわけではないわけでして。
ええ、リアルの世界でですけどね。
ただ、あまり低レベルだと、相手に迷惑をかけるかなぁと、いらぬ気遣いしていたりしていました。
今になると、この気遣いはほぼいらないものでしたけどね。
実際、レベルカンスト状態になってわかったのですが、初心者さんに相談を受けることって、そんなに悪い気はしないんですよ。
なので、ちゃんと距離感を考えるとか礼儀正しくするとか、一般的なところをちゃんとやっていれば、初心者でも遠征隊の中で先輩方とコミュニケーションをとってうまくやっていけると思いますよ。
それはさておき、この時点で私のコミュニケーションの能力は、エモーションの挨拶とかお辞儀あたりを、すれ違う人に向けてするくらいしかなかったんですけどね。
というのも、チャットの使い方がわかってなかったもので。
でも、何というタイミングのよさでしょう!

ある日、こんな私に声をかけて下さった方が現れました。

多分、ご近所さんで、何度かお辞儀しかしていない不思議な私に興味を持ったのでしょうか、ある方が話しかけて下さりました。
ところが、最初はどうやってチャットウインドウを開くかさえ分からず、おろおろしていたんですが、その方、親切にもチャットウインドウの開き方から教えてくれましたよ。
確かLv53の頃でした。
出来たばかりの遠征隊に所属されている方で、メンバー募集中とのことだったんです。
すごく迷いましたが、初志貫徹することにして、「Lv55になったらまた声をかけてください」ってお願いしました。
そのあとは、すごくレベル上げがはかどりましたよ。
なので、思ったより早くLv55に到達しました。
で、

レベル55になったところで、矢も楯もたまらずこちらから声を掛けました。

レベルが55になったのがちょうど月曜日で、休み(4/29の昭和の日)まで待とうかな~とかも思ったのですが、我慢しきれず入隊のために連絡を取りました。
その日のうちに、遠征隊に見習いで入れていただき、本部にも読んでいただき、とっても楽しい歓迎会(?)をしてもらいましたよ。
今では、農作業やデイリークエスト中の移動時なんかに、パシャパシャとチャットをさせていただいてます。

自分に合った遠征隊に入れるといいですね。(まあ入ってみたいとわからないんですけど)

遠征隊ごとにカラーがあります。
基本チャット禁止!というところもあって、一人黙々と作業に励みたい方はこういうところがいいでしょうね。
こういう遠征隊でも、遠征隊に参加したことでもらえる報酬とか、遠征隊に入っているからもらえるデイリークエストがある、というところでメリットはあります。
ただ、こういった遠征隊では
ちょっとクエストに詰まったので助けて!
とか、
~~を作りたいけど材料(とか熟練度)が足りない。助けて!
というのが言えないのがデメリットです。
それに対して、とっても活発にチャットが飛び交っている遠征隊(私が入ったのがこのタイプです)ですと、こういうヘルプを出しやすいんです。
すでに、私個人では入手不可能なアイテムとか、インスタントダンジョンのチャレンジとか、ここ数日だけで楽しみ方の幅が広がりました。
ただ、作業中に並行してチャットを行うというのは、やっぱりちょっとスキルが必要。
でもね、INした人が「こんばんは~」って言ってきたときに、「こんばんは!」って返す、それだけでもいいもんですよ。
で、あとは、メンバーが楽しく話しているのを見ているだけで、楽しい上に有益な情報が得られたりします。
今は無理でも、後々きっと役に立つ情報がいっぱい飛び交ってます。
わからないことは、とりあえず、手元のスマホで調べてみたり、それでもわからなければ、チャットで質問してみたりすればいいでしょう。
大体チャットが活発なところであれば、誰かが答えてくれるでしょう。
(みんなテンパってることもあり得ます。特に戦闘している間はそうですね。タイミングを見て声をかけましょう)

実は、これが最終の目標と思ってたんですが、実はほかの目標のほうが残ってたりします。

Lv55はもっと先になると思ってたんですよね。
なので、あといくつかの別の目標を立ててました。
それらについて、次から順にお送りします。

それではまた、次のゲームでお会いしましょう。(って、最近アーキエイジばっかですけど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です